第12回:コロナ後を幸せに生きるために知っておきたいこと

S  先生、唐突ですけど、以前、健康のために必要なこととして、BPSの話してくれたじゃないですか? Biological、Psycological、Socialの3つが大事という話。

川尻 そうそう、肉体的なことと心理的なこと、そして社会環境的なこと、どれもが人間の健康に同じくらいのインパクトで影響しているっていう話な。

S そう。それで、今回はちょっと社会環境的な話を聞いてみたいんです。

というのも、コロナパンデミックで各国が自粛要請したり、外出禁止令を出したりして、日常が大きく変わったじゃないですか? ワクチンや特効薬が開発されれば、そのうちもとに戻るのかもしれませんが、戻らずに変わっていくものも多いんじゃないかなって思って。

社会的なことも我々の健康に大きなインパクトを持っているとしたら、この先の世界がどうなるのか? それに対してどんな心構えをしておけばいいのか? それを知っておきたいなと。先生は最近チームや企業のコンサルもなさっているので、ぜひそういった話も教えてもらえないでしょうか?

川尻 それな。確かに、「コロナ前の世界」「コロナ後の世界」っていうふうな区分けが、最近よくされているね。それについて俺がまず言いたいのは、一度フラットにしておくことを忘れたらあかんってことやな。

S フラットにしておく?

 

“第12回:コロナ後を幸せに生きるために知っておきたいこと” の続きを読む

第11回:コロナパンデミック、どう捉える?

S 川尻先生〜。先生は、常々、インプットだけが、我々が選んで変えられることだと言っていますよね? 感情や行動というアウトプットをポジティブにしたかったら、目の前の物事の捉え方というインプットを変えろと。で、ざっくり言うと、それが幸せの秘訣で、幸せこそが健康の秘訣だと。

川尻 そうそう。このブログでは第2回第3回第9回で特にその話をしたけど、基本、俺が話していることは全部そこにたどり着くというか、そこが大前提やな。

S その理屈で言うと、このコロナウイルスのパンデミックの中でも、ポジティブであり続けることはできるわけですよね?

川尻 もちろん!全てにおいてそうで、例外はなしやからな。

俺なんか、今、めっちゃ楽しくやってるで。っていうのも、この騒動で、世界全体にすごい大きな変化が起きると思うねん。テクノロジー、経済、人間の考え方、いろんな分野で。

S …でも、みんながみんな先生みたいに前向きに捉えられないと思うんですよ。重症化するパーセンテージは低いとはいえ、自分がウイルスに感染したら大丈夫なのかっていう不安もあるし、外出も仕事も国同士の行き来も制限されて、この先、どうなるのかというような不安もあるし…。こんな状況の中でもインプットをポジティブにするコツみたいなものを改めて聞いてみたいです。

川尻 ほな、今回はこのコロナのケースで、またその話しよか。

“第11回:コロナパンデミック、どう捉える?” の続きを読む